So-net無料ブログ作成

3分の2解約に向け交渉―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は3月19日の衆院厚生労働委員会で、輸入契約を結んだ新型インフルエンザワクチン9900万回分のうち、約3分の2に当たる6300万回分の解約に向けて、グラクソ・スミスクライン(GSK、英国)とノバルティスファーマ(スイス)の2社と交渉していることを明らかにした。

 加藤勝信氏(自民)の質問に答えた。
 答弁ではまず、厚労省の高井康行医薬食品局長が、輸入ワクチンのうち3600万回分が在庫として既に国内にあると説明。続いて長妻厚労相が、残りの6300万回分について、「今月末までに日本に引き渡す契約になっている」とした上で、「輸入2社とかなり厳しい交渉をしている最中。できる限り支障のない形で返却したい」と述べた。


【関連記事】
新型ワクチン余剰分、「解約交渉のテーブルに」−長妻厚労相
欧州2社と新型ワクチンの輸入契約を締結―厚労省
輸入新型ワクチン、初回出荷は山梨のみ
輸入新型ワクチンの特例承認のパブコメ結果を公表―厚労省
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議

風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情−環境省(時事通信)
街頭募金詐欺で実刑確定へ=「個々の被害、特定不要」−最高裁(時事通信)
<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)
国交省、ディーゼル特殊自動車の排ガス規制を強化(レスポンス)
よみがえれ大イチョウ、鶴岡八幡宮で公開(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。