So-net無料ブログ作成

遠藤周作の未発表作?長崎で草稿ノート初公開(読売新聞)

 長崎市東出津町の遠藤周作文学館で22日、開館10周年記念企画展「遠藤周作と映画」が始まった。

 併せて、初期の未発表作とみられる中編小説「われら此處(ここ)より遠きものへ」の草稿ノートも初公開され、初日は多くのファンでにぎわった。

 草稿ノートは、遺族から寄託された遺品約3万点の中から発見された。約80ページにわたり、青インクで書かれている。1955年ごろの日記にこの小説の内容と重なる部分があることから、同時期の執筆とみられる。

 「悪」の問題への探求をテーマにした内容。遠藤周作も留学していたフランス・リヨンを舞台に、サディズムを探求する日本人学生と、ナチス時代の秘密警察「ゲシュタポ」の拷問を受けた黒人学生の二つの物語が交錯しながら進められていく。

 同館は、研究資料として草稿に解説を付け、今年度中に出版する予定。学芸員の池田静香さん(34)は、「昭和30年代前半に残された草稿は数が少なく、作家の初期の研究を進める上で第一級の資料」と話している。

 草稿ノートは当面展示する。企画展は、2012年の5月中旬までの開催予定。入館料は大人350円、小学生から高校生は200円。

府立高教諭を逮捕=女性に下半身見せる―大阪府警(時事通信)
水商売バイトは当然…詐欺や強姦、学生の犯罪エスカレート(産経新聞)
<口蹄疫>消毒薬製造 製薬会社は対応に追われる(毎日新聞)
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる(産経新聞)
<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)

普天間問題で首相「最初から厳しい状況は分かっている」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は17日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「最初から厳しい状況は分かっているが、国民、日米の安保、日本の平和と安全のためにやらなければならないことはやる決意は変わらない。(決着の期限と明言する)5月末に向けて最大限、頑張る。国民と一緒に行動していきたい」と述べた。

 月内決着に向けてなお、努力する姿勢を強調した発言。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
世界は普天間移設をどう報じているのか
普天間 首相退陣を求める産経 仕切り直し求める朝日
諫早干拓ルポ 普天間問題と酷似する構図の構図
銀座で「基地ノー」 徳之島出身者がデモ行進
国会終盤戦 小沢問題で紛糾 会期延長現実味
少子化を止めろ!

静まる大阪 音楽コンサート“流出” 大ホール閉館・休館で(産経新聞)
ペコちゃん盗で懲役5年=「換金目的で身勝手」―和歌山地裁(時事通信)
強盗被害の民家隣でまた緊縛強盗 栃木・小山(産経新聞)
小沢氏更迭に期待=民主・渡部氏(時事通信)
全裸状態の女性の遺体を鶴見川で発見、水に沈むような細工、死体遺棄事件として捜査/横浜(カナロコ)

大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)

 大阪府の橋下徹知事は6日の記者会見で、持論の「大阪都」構想をめぐって対立関係にある大阪市の平松邦夫市長に対し、公開討論を申し入れる考えを明らかにした。「より大阪のためになる提案型の議論をしていきたい」として、早期開催を呼び掛けた。
 大阪都構想は現在の府と市を解体し、広域行政を担う「都」と住民に身近な行政サービスを担う複数の「区」に再編するというもので、府と政令市である大阪市の二重行政解消が狙い。橋下知事は同構想を実現すべく、4月に府議らと地域政党「大阪維新の会」を旗揚げし、来春の府議選や市議選で勢力拡大を目指している。 

【関連ニュース】
民主2人擁立で激戦=参院選情勢・大阪
関空・伊丹統合で大筋合意=橋下大阪知事と会談
伊丹と持ち株会社で統合へ=関空救済で国交省検討
橋下新党支援で「経済人の会」=会社社長ら240人で発足
山田日本創新党党首の一問一答

公務員法案、13日に衆院通過=民主方針、自民は反発(時事通信)
覆面パトカーにはねられ小1男児が重傷 兵庫・伊丹(産経新聞)
飼い犬助けようと川に飛び込み、男性不明(読売新聞)
<山陽道>6台絡む追突事故で火災 3人死亡 兵庫・姫路(毎日新聞)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折−兵庫県警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。